閉じる

ケーブルタイル

ケーブルタイル 施工手順

接着剤を使用しないからスピーディー&クリーン。以下の手順で施工してください。

  • ケーブルタイルの施工方法 1.墨出し

    1.墨出し

    部屋の寸法を測り、タイルカーペットの施工位置をセンターで振り分けて設定します。その位置から250㎜ずつずらし、ケーブルタイルの敷き込み基準点を墨出ししてください。

  • ケーブルタイルの施工方法 2.ケーブルタイルの敷き込み

    2.ケーブルタイルの敷き込み

    敷き込み基準点からケーブルタイルを置き敷きしてください。壁際や柱の端部へもタイルカーペットと同じ要領でカットして施工してください。

    ※下地によっては接着剤の塗布が必要な場合があります。また不陸(凹凸)がある場合には、不陸調整をしてください。

  • ケーブルタイルの施工方法 3.配線溝はがし

    3.配線溝はがし

    配線計画に従って配線溝を作成してください。(事前にマーキングしておくと作業がしやすくなります)。MS-19の配線溝は型抜きしてあり、工具なしにはがせます。 

  • ケーブルタイルの施工方法 4.ケーブルの配線

    4.ケーブルの配線

    ケーブルタイルの敷き込みと並行作業で、ケーブルを配線できます。電力線、情報線、電話線など各種ケーブルを配線溝にはめこんでください。

  • ケーブルタイルの施工方法 5.専用部品の取り付け

    5.専用部品の取り付け

    配線部分にケーブルカバーなどの必要な専用部品を取り付けてください。

    ※詳しくは「ケーブルタイル専用部品」をご覧ください。

  • ケーブルタイルの施工方法 6.タイルカーペットの敷き込み

    6.タイルカーペットの敷き込み

    自己粘着タイプのタイルカーペットを敷き込んでください。接着剤を使用しないので、のり缶や剥離紙の廃材を出しません。

OAフロアの使用用途に合わせて、各種専用部品をお取り付けください。

    • OAタップとジョイントボックスの接続(COAT6・CJB)
    • オプション 専用部品の取り付け方1
    • VVFケーブルと棒端子付きOAタップ(COAT)を簡単につなぐ接続部品です。
      VVFケーブルの送り(ケーブル延長)にもご利用できます。
    • 幹線ケーブルカバーの施工 (KCC-500・KCC-250)
    • オプション 専用部品の取り付け方2
    • ケーブルタイル1枚分を使用した大型幹線溝のケーブル保護カバーです。高さ調節、荷重強度保持のため、はがした溝部材を支柱に利用します。
    • 幹線ケーブルカバーの施工 (KCC-9)
    • オプション 専用部品の取り付け方3
    • 配線容量アップ時のケーブル保護カバーとして使用します。幹線ケーブルカバーの幅に合わせてケーブルタイルをカットしてください。
ウェブサイト掲載の商品やその他のお問い合わせは以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
カーペット 問い合わせ